桜海老 さくらえび(sakura shrimp)

100gの栄養素含有量

おいしい時期

春漁

秋漁

*各数字で歳時記を表示

 

魚介類の解説

  • 小さいが旨味が豊富に含まれている
  • 漁は年に2回(春、秋)に行われそれ以外は桜海老保護のために禁漁となっている
  • 流通の発展により生で出回るようになった
  • 生鮮物は甘みが強く殻が柔らい
  • 乾物は香りが高く旨味が凝縮していて美味
  • 鮮魚、素干し、煮干し、釜上げなどが流通する

地方名

  • シンエビ
  • ヒネエビ
  • ヒカリエビ

目利き

  • 生鮮物は赤い物を選ぶ(黒ずんだ物、固くなったものは避ける)
  • 乾物は赤い物(黄色く変色したものは避ける)

仲間

  • シロエビ
  • アミエビ

レシピ

  • 刺身、すし
  • 釜上げ
  • かき揚げ
  • 汁物
  • 鍋物

食品成分表

可食部100g当たり

さくらえび(生)

廃棄率0%
エネルギー89㎉
水分78.9g
タンパク質16.6g
脂質2.0g
炭水化物0.1g
ナトリウム270㎎
カリウム310㎎
カルシウム630㎎
マグネシウム69㎎
リン330㎎
0.3㎎
亜鉛1.3㎎
0.9㎎
マンガン0.05㎎
ヨウ素110㎍
セレン64㎍
クロム1㎍
モリブデン3㎍
ビタミンA(レチノール)1㎍
ビタミンA(β-カロテン)6㎍
ビタミンD0.1㎍
ビタミンE(トコフェロールα)2.3㎎
ビタミンK
ビタミンB10.1㎎
ビタミンB20.08㎎
ナイアシン2.3㎎
ビタミンB60.1㎎
ビタミンB124.5㎎
葉酸94㎍
パントテン酸0.29㎎
ビオチン5.2㎍
ビタミンC1㎎
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用