松茸 まつたけ(Matsutake)

English page
100gの栄養素含有量

おいしい時期

まつたけ

*各数字で歳時記を表示

野菜の解説

  • 秋の味覚の王様と呼ばれる
  • 人工栽培が難しく自然栽培でも繁殖しにくいので貴重
  • 赤松の林に成育する食用キノコ
  • 国産物は価値が高く、かなり高価
  • 国産は減少し続けて、輸入物が8割を占める
  • 外国産(中国、韓国、カナダ)が国産の1/3の値段で出回っている
  • 香りが高く、歯切れが良い
  • 食物繊維、カリウムが豊富
  • 8月に獲れるものは「早松茸」(さまつたけ)と呼ばれるが、味や香りはほとんどしない
  • カサが開ききっていない方が香りが高く引き立ちます
  • カサが開き加減のものは内側が白く、ヒダが整っているものが良品
  • 全体にしっとりした感じで、虫食いやヒビ割れのないものが良い

下処理

  1. 松茸の石づき部分(砂が噛んでる部分)を削ぐ(鉛筆のように削る)
  2. ボールに水を入れサッと水洗いする
    軽く水をつけて手のひらでこすり、水で流す
    (天然物なので、砂や土、雑菌などがついています)
    多少香りは落ちるが安全に食べるためには洗いましょう
  3. キッチンペーパーで水気をしっかり拭く
  4. 水気が取れたらキッチンペーパーで包み、ラップをする

保存方法

  • 下処理をしてから保存する
  • キッチンペーパーにくるみ、その上からラップして冷蔵庫
  • 冷凍するときは使うサイズに切ってから冷凍する
  • 冷凍松茸を使うときは半解凍状態で使う

レシピ

  • 土瓶蒸し
  • 焼き松茸
  • 松茸のほうらく焼
  • 松茸の炊き込みご飯
  • 松茸の茶碗蒸し

 

食品成分表

可食部100g当たり

まつたけ(生)

廃棄率 3%
エネルギー 23㎉
水分 88.3g
タンパク質 2.0g
脂質 0.6g
炭水化物 8.2g
ナトリウム 2㎎
カリウム 410㎎
カルシウム 6㎎
マグネシウム 8㎎
リン 40㎎
1.3㎎
亜鉛 0.8㎎
0.24㎎
マンガン 0.12㎎
ヨウ素 3㎍
セレン 82㎍
クロム 14㎍
モリブデン 1㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD 0.6㎍
ビタミンE(トコフェロールα)
ビタミンK
ビタミンB1 0.1㎎
ビタミンB2 0.1㎎
ナイアシン 8.0㎎
ビタミンB6 0.15㎎
ビタミンB12
葉酸 63㎍
パントテン酸 1.91㎎
ビオチン 18.4㎍
ビタミンC
食物繊維(総量) 4.7g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用