鯧 まながつお(Silver pomfret)

100gの栄養素含有量

おいしい時期

まながつお

瀬戸内海

*各数字で歳時記を表示

 

魚介類の解説

  • 真名鰹、真魚鰹とも書く
  • 関西では高級魚だが関東では認知度が低い
  • 初夏を代表する高級魚
  • 大きすぎても、小さすぎても味は良くない
  • 2~3kg前後が一番おいしいとされる
  • 産卵のため、瀬戸内海に入ってくる(6~8月)
    (瀬戸内海ではこの時期が旬)
  • 冬には脂がのっておいしいのでこの時期も旬
  • 独特の香りがあるが、身にはクセがなく柔らかい
  • 骨は柔らかく、二度揚げすると食べられる

地方名

  • マナガタ
  • ギンダイ
  • ギンママ
  • マナ
  • チョウチョウ
  • チョウキン
  • メンナ

目利き

  • 2~3kg前後の大きさの物を選ぶ
  • 銀色に輝いていて、エラが鮮紅色の物が良い
  • 切り身は透明感があって白濁していない物が良い

仲間

  • イボダイ
  • メダイ

レシピ

  • 刺身・寿司
  • 焼き物
  • 揚げ物
  • 煮物
  • 汁物
 

食品成分表

可食部100g当たり

まながつお(生)

廃棄率40%
エネルギー175㎉
水分70.8g
タンパク質17.1g
脂質10.9g
炭水化物
ナトリウム160㎎
カリウム370㎎
カルシウム21㎎
マグネシウム25㎎
リン190㎎
0.3㎎
亜鉛0.5㎎
0.02㎎
マンガン0.01㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)90㎍
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD5.0㎍
ビタミンE(トコフェロールα)1.4㎎
ビタミンK
ビタミンB10.22㎎
ビタミンB20.13㎎
ナイアシン3.6㎎
ビタミンB60.3㎎
ビタミンB121.4㎎
葉酸7㎍
パントテン酸1.37㎎
ビオチン
ビタミンC1㎎
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用