帆立貝 ほたてがい(Scallop)

100gの栄養素含有量

おいしい時期

ほたて(紐付き)

貝柱

*各数字で歳時記を表示

 

魚介類の解説

  • 産卵期前の冬から春にかけてが美味
  • 帆立貝自体の旬は冬
  • 貝柱は産卵後の4~7月の方が甘み(グリコーゲン)が強くなりおいしい
  • 市場には安定して年中入荷されている
  • 昔は高価な食材でしたが、養殖されるようになり安価になた
  • 安価で味も良く扱いやすいためスーパーなどによく並ぶ
  • 養殖と天然では味の大差はない
  • 貝柱は冷凍しても味が劣化が少ない

地方名

  • 海扇(カイセン)
  • 秋田貝(アキタガイ)
  • ボホガイ

目利き

  • 生きているものが良い
  • 殻がしっかり閉じている物
  • 触れるとすぐに閉じるものが良い

仲間

  • 檜扇貝(ヒオウギガイ)

レシピ

  • 帆立貝の刺身、すし
  • 帆立貝のバター醤油焼き
  • 帆立貝のグラタン
  • 帆立貝のおでん
  • 帆立貝の味噌汁

食品成分表

可食部100g当たり

ほたてがい(生)

廃棄率50%
エネルギー72㎉
水分82.3g
タンパク質13.5g
脂質0.9g
炭水化物1.5g
ナトリウム320㎎
カリウム310㎎
カルシウム22㎎
マグネシウム59㎎
リン210㎎
2.2㎎
亜鉛2.7㎎
0.13㎎
マンガン0.12㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)10㎍
ビタミンA(β-カロテン)150㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.9㎎
ビタミンK1㎍
ビタミンB10.05㎎
ビタミンB20.29㎎
ナイアシン1.7㎎
ビタミンB60.07㎎
ビタミンB1211.4㎎
葉酸87㎍
パントテン酸0.66㎎
ビオチン
ビタミンC3㎎
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用