海鞘 ほや(Sea squirt)

100gの栄養素含有量

おいしい時期

ほや

*各数字で歳時記を表示

 

魚介類の解説

  • ホヤの種類は日本だけでも百種類以上
  • 食用とされているのはごく一部
  • 養殖もされており、東北や北海道では一般的な食材
  • 産卵期は11月~翌春までで、その間は漁獲されない
  • 旬の夏にはグリコーゲンが最も多くなる
  • 旨味や、甘みがたっぷり詰まっている
  • 独特の磯の風味が好き嫌いをはっきりさせる
  • 鮮度が落ちると匂いがきつくなり苦くなる

目利き

  • 持って重い物が良い
  • 艶とハリのあるものが良い
  • ずんぐりしていて丸い物が良い
  • 鮮度が落ちるとハリと艶がなくなりしぼんでしまう

仲間

  • 真海鞘(マボヤ)
  • 赤海鞘(アカボヤ)

レシピ

  • 刺身・寿司
  • 酢の物
  • 焼き物
  • 揚げ物
  • 炊き込みご飯

食品成分表

可食部100g当たり

ほや(生)

廃棄率80%
エネルギー30㎉
水分88.8g
タンパク質5.0g
脂質0.8g
炭水化物0.8g
ナトリウム1300㎎
カリウム570㎎
カルシウム32㎎
マグネシウム41㎎
リン55㎎
5.7㎎
亜鉛5.3㎎
0.19㎎
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)1.2㎎
ビタミンK
ビタミンB10.01㎎
ビタミンB20.13㎎
ナイアシン0.5㎎
ビタミンB60.02㎎
ビタミンB123.8㎎
葉酸32㎍
パントテン酸0.33㎎
ビオチン
ビタミンC3㎎
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用