芽花椰菜 ブロッコリー(Broccoli)の特徴と栄養素

ブロッコリーの特徴と栄養素
 

ブロッコリーのおいしい時期

ブロッコリー

*数字をクリックで各月の歳時記にジャンプします

トップバリュ お米のかわりに食べる ブロッコリー 300g 6袋セット 冷凍 カットブロッコリー ブロッコリーライス イオン 金曜日のスマイルたちへ
 

ブロッコリーの解説

  • 11月~が最盛期ですが、輸入物が増え年中出回る
  • 抗がん作用が強いアブラナ科野菜の一つ
  • カロテン、ビタミンCの含有量がとても多い
  • カルシウム、カリウム、鉄分も豊富に含まれている
  • 抗酸化作用、解毒作用がある
  • 洗う時はボールなどに水を張り、降り洗いする
  • 茹で上がりを水に取ると味がぼけて、栄養素が抜ける
  • 少し硬めに茹で、自然に冷ますのが良い
  • 茎の部分にビタミンCが多い
  • 油と一緒に摂るとビタミンAの吸収率がアップする
 

ブロッコリーの選び方

  • 花蕾が濃い緑色で粒が揃っているものが良品
  • 全体に固く締まっているものをが良品
  • こんもりと丸く盛り上がっているものを選ぶ
  • 切り口がみずみずしい物を選ぶ
  • 茎の切り口にスが入っているものはおいしくない(スジっぽい)
  • 黄色くなっているのは古いので避ける
 

相性の良い食材

★送料無料★NEW WORLD FARMS冷凍ブロッコリー 2.27kg(冷凍食品)★
 

保存方法

  • ビニール袋に入れて野菜室に立てる
  • 長時間保存すると、つぼみが開いてきて栄養素が減っていく
  • 長時間保存するときは軽く茹でて、冷凍する
    (使うときはスープや煮込み料理などに凍ったまま使う)
 

主な品種

  • 茎ブロッコリー(スティックセニョール)
  • 紫ブロッコリー
  • ブロッコリースプラウト
  • アレッタ
  • スピガリエッロ
 

ブロッコリーを使った料理

  • ブロッコリーのサラダ
  • シチューや汁物
  • パスタ
  • 炒め物
  • 和え物
  • ソテー
 

ブロッコリーの食品成分表

可食部100g当たり

ブロッコリー(生)

廃棄率 50%
エネルギー 33㎉
水分 89.0g
タンパク質 4.3g
脂質 0.5g
炭水化物 5.2g
ナトリウム 20㎎
カリウム 360㎎
カルシウム 38㎎
マグネシウム 26㎎
リン 89㎎
1.0㎎
亜鉛 0.7㎎
0.08㎎
マンガン 0.22㎎
ヨウ素
セレン 2㎍
クロム
モリブデン 12㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン) 800㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα) 2.4㎎
ビタミンK 160㎍
ビタミンB1 0.14㎎
ビタミンB2 0.20㎎
ナイアシン 0.8㎎
ビタミンB6 0.27㎎
ビタミンB12
葉酸 210㎍
パントテン酸 1.12㎎
ビオチン 9.3㎍
ビタミンC 120㎎
食物繊維(総量) 4.4g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用

ブロッコリー 花序 生

 

関連記事