金時人参 きんときにんじん(Kintoki carrot)

金時人参
 

金時人参の旬

金時人参

*数字をクリックで各月の歳時記にジャンプします

 

金時人参とは~解説

  • 正月には欠かせない野菜
  • 別名「京人参」とも呼ばれる
    (京都の伝統野菜ではない)
  • 鮮やかな赤い紅色をしている
  • 普通の人参よりも細い円錐形をしている
  • 肉質は柔らかく、煮崩れしにくいので煮物に向いている
  • 甘みがあり西洋人参に比べると人参臭さが少なく食べやすい
  • リコピンが豊富に含まれている
  • 栽培期間は長く、収穫時期が短い
  • 根が割れやすいなど、何かと生産しにくいため、収穫量は少ない
  • 皮に傷がなく、張りのあるものを選ぶとよい
  • 葉のつけの部分が黒ずんでいる物は避けましょう

 

相性の良い食材

 

保存方法

  • 新聞紙に包み野菜室へ保存する
  • 保存時に葉の部分を切り取って保存する
  • 泥付きの物はそのままにすることで長く保存できる
 

金時人参を使った料理

  • 煮物
  • なます
  • サラダ
  • 酢の物
 

金時人参の栄養素(食品成分表

可食部100g当たり

きんときにんじん(生)皮つき

廃棄率15%
エネルギー44㎉
水分87.3g
タンパク質1.8g
脂質0.2g
炭水化物9.6g
ナトリウム11㎎
カリウム540㎎
カルシウム37㎎
マグネシウム11㎎
リン64㎎
0.4㎎
亜鉛0.9㎎
0.09㎎
マンガン0.15㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)4800㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.5㎎
ビタミンK2㎍
ビタミンB10.07㎎
ビタミンB20.05㎎
ナイアシン1.0㎎
ビタミンB60.12㎎
ビタミンB12
葉酸110㎍
パントテン酸0.32㎎
ビオチン
ビタミンC8㎎
食物繊維(総量)3.9g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用

 

関連記事