【栄養素】エネルギー(Energy)

栄養素
エネルギー(Energy)
 

エネルギーの英語表記

Energy

 

エネルギーの特徴

  • エネルギーの多くは最終的に熱として身体から放出される
  • 三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)がエネルギーの元になる
    • タンパク質1gで4kcal
    • 脂質1gで9kcal
    • 炭水化物1gで4kcal
  • 栄養学でのエネルギーの単位はcal(カロリー)
  • 国際機関でのエネルギーの単位はjoule(ジュール)
    • 1000 cal=1 kcal」で「1 kcal=4.184 kj
      *1kcalは1㎏の水を14.5度~15.5度(1度)まで高めるために必要なエネルギー
  • エネルギーの摂取量と消費量が等しいとき、体重の変化はない
    肥満者もやせの者も、体重、体組成に変化がなければ、エネルギー摂取量とエネルギー消費量は等しい
 

エネルギーの働き

  • エネルギーは生命活動、生活活動、運動・トレーニング等に不可欠である
  • エネルギーは身体を動かす源であり、脳を機能させる
  • 生きるための原動力
  • 活動量とエネルギーのバランスが大事
  • 活動量が多い=たくさんのエネルギー消費
  • 安静にしていても臓器を動かすなど、生命を維持するためにはエネルギーが必要
  • 活動量で使う分より多くのエネルギー(糖質や脂質)をとると、その分は身体に蓄積される

参考HP→厚生労働省「策定検討会報告書・エネルギー

 

エネルギーの欠乏症

  • 痩せすぎ
  • 疲れやすい
  • 筋肉量の低下
  • 肌や髪のトラブル
  • 思考能力低下
  • 運動能力低下
【スムージー4個お試しボックス】パーソナルスムージーならGREEN SPOON!
 

エネルギーの過剰症

  • 肥満
  • 糖尿
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 脂質異常症
inゼリー エネルギー マスカット味 (180g×6個) すばやいエネルギー補給 10秒チャージ ビタミンC配合 エネルギー180kcal

 

エネルギーを多く含む食材

 

野菜

食材(野菜)エネルギー
ドライトマト292 ㎉
落花生 茹で288 ㎉
にんにく 油いため199 ㎉
米茄子 素揚げ183 ㎉
枝豆 冷凍159 ㎉
100ℊ当たりの脂質含有量(ℊ)
 

魚介類

食材(魚介類)エネルギー
 内臓 焼き558 ㎉
からすみ423 ㎉
秋刀魚 みりん干し409 ㎉
たたみいわし372 ㎉
タイセイヨウサバ 焼き370 ㎉
100ℊ当たりの脂質含有量(ℊ)
 

肉類

食材(肉類)エネルギー
リブロース 脂身つき 焼き627 ㎉
フォアグラ 茹で510 ㎉
豚バラ 脂身つき 焼き496 ㎉
牛ばら 脂身つき 焼き484 ㎉
豚ロース 脂身つき とんかつ450 ㎉
100ℊ当たりの脂質含有量(ℊ)
 

種実類

食材(種実類)エネルギー
マカダミアナッツ 炒り720 ㎉
ペカン フライ702 ㎉
まつ 炒り690 ㎉
ヘーゼルナッツ フライ684 ㎉
くるみ 炒り674 ㎉
100ℊ当たりの脂質含有量(ℊ)
 

乳類

食材(乳類)エネルギー
ナチュラルチーズ
(パルメザン)
475 ㎉
ホイップクリーム
(乳脂肪)
430 ㎉
ナチュラルチーズ
(エメンタール)
429 ㎉
ナチュラルチーズ
(チェダー)
423 ㎉
ホイップクリーム
(乳脂肪、植物性脂肪)
416 ㎉
100ℊ当たりの脂質含有量(ℊ)
 

油脂類

油脂類エネルギー
ラード941 ㎉
牛脂940 ㎉
とうもろこし油921 ㎉
ごま油921 ㎉
なたね油921 ㎉
100ℊ当たりの脂質含有量(ℊ)

引用→「日本食品標準成分表2020年版(八訂)

 

エネルギーの食事摂取基準 推定エネルギー必要量(㎉/日)

運動量に応じて、エネルギーの摂取量(Kcal)が変わります
自分に当てはまるものを選びレベルを決めてください

  1. 身体活動レベル1(エネルギーⅠ)
    生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合
  2. 身体活動レベル2(エネルギーⅡ)
    座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等
    通勤・買物・家事、軽いスポー ツ等のいずれかを含む場合
  3. 身体活動レベル3(エネルギーⅢ)
    移動や立位の多い仕事 への従事者
    スポーツなど余暇 における活発な運動習慣をもっている場合
年齢男性男性男性女性女性女性 
0-5 ヶ月550500
6-8650600
9-11 ヶ月700650
1-2 歳1000900
3-5 歳13001250
6-7 歳135015501700125014501650
8-9 歳160018002050150017001900
10-11 歳195022502500175020002250
12-14 歳220025002750200022502550
15-17 歳245027503100200022502500
18-29 歳225026503000170019502550
30-49 歳230026503050175020002300
50-69 歳210024502800165019502200
70 歳以上185022002500145017002000
妊婦 
(初期)
+50+50+50
妊婦
(中期)
+250+250+250
妊婦
(末期)
+450+450+450
授乳婦+350+350+350

引用→「Ⅱ 各論1.エネルギー・栄養素

 

エネルギーについてまとめ

  • エネルギーは生きていくうえで必要不可欠な栄養素である
  • 他の栄養素とバランスよく摂取することが大切である
  • エネルギーは最終的に熱として体から放出される
  • 性別、身長、体重、運動量によって摂取する量が変わってくる
  • エネルギーの摂取量と消費量が等しければ体重は増加しない
    年齢別食事摂取基準表はコチラ
 

関連記事

 

伊佐木 いさき(Chicken grunt)

伊佐木
 

伊佐木の旬

いさき

*各数字で歳時記を表示

 

伊佐木とは ~解説

  • 漢字で 「伊佐幾」「伊佐木」「伊佐木魚」「鶏魚」
  • 英語で「Chicken grunt」
  • スズキ亜目イサキ科イサキ属の魚
  • 産卵期は6~9月
  • 成長で45㎝程度になる
  • 20~30㎝の物が一番おいしいとされる
  • 5~7月の梅雨時期が一番おいしいとされる(麦わらイサキ・梅雨イサキと呼ばれる)
  • 夜行性で夜になると水面近くまで浮上する
  • 「値賀咲(ちかさき)」「紀州イサキ」と呼ばれるブランドイサキがある
  • 値賀咲
    (長崎県小値賀島周辺で手釣り、活〆されたもの。撒き餌をしないので生臭くない)
  • 紀州イサキ=紀州灘で手釣り、活〆されたもの

味わい
旬のイサキの刺身は鯛よりもうまいといわれる
(刺身にするものは20㎝以上の物が良いとされる)
身はしっかりした白身で硬さがある
旬の物は脂がのって、旨味も多い
生姜しょう油で食べるとサッパリとして美味しい

 

地方名

  • ウリボウ(~30cm)
  • イサギ
  • クロブタ
  • クッカ
  • イッサキ
  • ハンサコ
  • オクセイゴ
  • ウズムシ
  • カジヤコロシ
  • クチグロマツ
 

目利き

  • 目はくすみやすいので目だけでは判断できない
  • 腹に張りがあれば新鮮
  • 体色が鮮やかなものが良い
  • 全体的に色艶が良く、ふっくらと丸い物が良い
  • エラが鮮紅色のもが新鮮
 

伊佐木の仲間

  • アカイサキ
  • シマイサキ
 

伊佐木を使った料理

  • 刺身・寿司
  • 焼き物
  • 蒸し物
  • 揚げ物
  • 煮物
 

伊佐木の栄養素(食品成分表)

可食部100g当たり

いさき(生)

廃棄率45 %
エネルギー127 ㎉
水分75.8 g
タンパク質17.2 g
脂質5.7 g
炭水化物0.1 g
ナトリウム160 ㎎
カリウム300 ㎎
カルシウム22 ㎎
マグネシウム32 ㎎
リン220 ㎎
0.4 ㎎
亜鉛0.6 ㎎
0.04 ㎎
マンガン0.01 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)41 ㎍
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD15.0 ㎍
ビタミンE(トコフェロールα)0.9 ㎎
ビタミンK
ビタミンB10.06 ㎎
ビタミンB20.12 ㎎
ナイアシン4.0 ㎎
ビタミンB60.31 ㎎
ビタミンB125.8 ㎎
葉酸12 ㎍
パントテン酸0.77 ㎎
ビオチン
ビタミンC
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用

 
 

関連記事

5月|食の歳時記|皐月|MAY
6月|食の歳時記|水無月|JUNE
叺・魳 かます(Barracuda)
鱚 きす(Sand borer)
鱸 すずき(Sea bass)

栄養素の英語表記一覧表

栄養素の英語表記一覧表
 

栄養素の英語をおぼえよう

35種類の栄養素を英語で一覧表にしました。あまり使うことがないかもしれませんが参考までに。各栄養素には説明のリンクを張り付けてあります。合わせてご利用ください。

 

栄養素の英語一覧

栄養素英語
エネルギーEnergy
タンパク質Protein
脂質Lipid
飽和脂肪酸Saturated fatty acids
n-6系脂肪酸n-6 fatty acid
n-3系脂肪酸n-3 fatty acids
炭水化物Carbohydrate
ビタミンAVitamin A
ビタミンDVitamin D
ビタミンEVitamin E
英単語Stock3000 [ 関 正生 ]
全脳記憶英単語 快単Vol.2
ビタミンKVitamin K
ビタミンB1Vitamin B1
ビタミンB2Vitamin B2
ビタミンB6Vitamin B6
ビタミンB12Vitamin B12
ビタミンCVitamin C
ナイアシンNiacin
葉酸Folic acid
パントテン酸Pantothenic acid
ビオチンBiotin
ナトリウムSodium
世界一やさしい!栄養素図鑑 / 牧野直子 【本】 健康になる食べ物と栄養素の教科書 抗がん 抗酸化 免疫力アップ 腸内環境改善 認知症&ロコモ予防
栄養素英語
カリウムPotassium
カルシウムCalcium
マグネシウムMagnesium
リンRin
iron
亜鉛Zinc
Copper
マンガンManganese
ヨウ素iodine
セレンSelenium
クロムChromium
モリブデンMolybdenum
 

その他の英語単語

川海老 かわえび(Freshwater shrimp)

川海老
 

川海老の旬

てながえび

すじえび

*各数字で歳時記を表示

 

川海老とは ~解説~

  • 英語でFreshwater shrimp」
  • 漢字で「川海老」「川蝦」
  • テナガエビ科スジエビ属の小さなエビ
  • スジエビ、テナガエビの総称が「カワエビ」である
  • 体長はオス35mm、メス50mmでメスの方がおおきい
  • 淡水、汽水域で湖沼や河川に生息している
  • 産卵期は5~8月
  • 年々漁獲量が減少して、高価で取引されている
  • 各地で加工品の人気が高い
  • 釣りの餌にも使われる
 

地方名

  • ゴモクエビ
  • スジエビ
  • テナガエビ
  • モエビ
 

目利き

  • 飴色で白っぽくないものが良い
  • 体が透き通って見えるものが新鮮
  • 光沢のあるものが良い
 

かわえびを使った料理

  • から揚げ
  • 佃煮
  • かき揚げ
  • 炒め物
 

川海老の栄養素(食品成分表)

可食部100g当たり

「日本食品標準成分表」に記載がありません。

廃棄率%
エネルギー
水分g
タンパク質g
脂質g
炭水化物g
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン
亜鉛
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)
ビタミンK
ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸
パントテン酸
ビオチン
ビタミンC
食物繊維(総量)g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用

 
 

関連記事

2月 | 食の歳時記 | 如月 | FEBRUARY
3月 | 食の歳時記 | 弥生 | MARCH
蝤蛑 ガザミ(Swimming crab)
槍烏賊 やりいか(Spear squid)

Energy (エネルギー)

Japanese page

Characteristics of nutrients

  • In nutrition it expresses the power obtained from food
  • The unit expressing energy is cal (calorie)
  • International organizations use joule
  • 1000 cal = 1 kcal
  • 1 kcal = 4.18 joule
  • * 1 kcal is the energy required to increase 1 kg of water to 14.5 degrees to 15.5 degrees (1 degree)

 

Function of nutrients

  • Source to move the body
  • Make the brain function
  • Motive force to live
  • Lots of activity = Lots of energy consumption
  • The balance between activity level and energy is important
  • Energy is necessary to maintain life, such as moving organs even when resting
  • If you take more energy (carbohydrates or lipids) than the amount used in the activity amount, that amount is accumulated in the body

When nutrients are deficient

  • too skinny
  • Get tired easily
  • Declining thinking ability
  • Decreased exercise capacity

When nutrients overdose

  • obesity
  • Glycosuria

Food that contains a lot of energy

FoodstuffIngredient per 100g (kcal)
Lard941
Beef tallow940
Corn oil921
Sesame oil921
Oil of rapeseed921
Palm oil921
Olive oil921
Chili oil919
Beef rib loin fat831
Margarine778
Butter763
Pork loin fat754

Summary

  • Energy is an essential nutrient for living
  • It is important to take it in good balance
  • The amount ingested changes depending on gender, height, weight, and momentum
 

Protein (タンパク質)

Japanese page

Characteristics of nutrients

  • One of the three major nutrients (carbohydrates, proteins, lipids)
  • It breaks down into amino acids in the body with nutrients that make up the body
  • Amino acids are essential for making hair, nails, viscera, muscles, hormones, enzymes, etc.
  • Since there are essential amino acids that can not be made in the body, we need to ingest it from the diet
  • Minimum unit of protein = amino acid
  • Approximately 16% of human body weight is protein
  • Be careful as there may be a shortage during meal restrictions

 

Function of nutrients

  • Constituents such as skin, muscle, internal organs, blood
  • Involved in nerve, antibody, etc. Important ingredients

When nutrients are deficient

  • Mmune power, lower physical strength
  • There is a risk of stroke as blood vessels get thinner
  • Children may have growth disorders

When nutrients overdose

  • Excess is excreted with urine
  • Renal impairment due to burden on the kidneys
  • Increase in calcium release from urine (osteoporosis)

Food that contains a lot of Protein

FoodstuffIngredient per 100g (g)
Pig (gelatin)87.6
Shark fin83.9
Flying-fish80.0
dried bonito77.1
Sardine75.1
sakura-shrimp64.9
Beef jerky54.8
Natural cheese (parmesan)44.0
Seaweed41.4
dried mullet roe40.4
Pork fillet (baked)39.3
Chicken breast38.8
 

n-6 fatty acids(n-6系脂肪酸)

Japanese page

Characteristics of nutrients

  • There are linoleic acid, γ linolenic acid, arachidonic acid
  • 98% of the n-6 fatty acids ingested by Japanese from food is linoleic acid
  • Linoleic acid is a fatty acid that can not be synthesized in the body
  • Gamma-linolenic acid in the body instead of arachidonic acid
  • Common name = ω 6 fatty acid (omega-6 fatty acid)

Function of nutrients

  • Generate linoleic acid → linolenic acid, arachidonic acid in the body
  • Regulation of immune function
  • Support healthy development of fetus and baby
  • Prevention effect of arteriosclerosis
  • Keep blood flow normal
  • It has the effect of lowering blood pressure

When nutrients are deficient

  • There is no worry of lack in Japanese diet
  • Dermatitis, poor growth, arteriosclerosis

When nutrients overdose

  • Headache, vomiting, rash, fatty liver
  • Exacerbation of allergic symptoms

Food that contains a lot of n-6 fatty acids

FoodstuffIngredient per 100g (g)
Grape oil63.1
Sunflower oil57.51
Corn oil50.82
Chili Oil42.75
Walnut (roasted)41.32
Sesame oil40.08
Mayonnaise (whole egg)18.02
Groundnut (roasted)16.72
Pistachio (roasted)16.22
Butter peanuts15.67
Almond (roasted)12.64
Margarine (for home) soft type11.82

Summary

  • There are “linoleic acid” “γ linolenic acid” “arachidonic acid”
  • 98% of the n-6 fatty acids ingested by Japanese from food is linoleic acid
  • Linoleic acid changes to γ linolenic acid, arachidonic acid
 

Dietary fiber(食物繊維)

Japanese page

Characteristics of nutrients

  • It is classified as “insoluble dietary fiber” and “water soluble dietary fiber”
  • Insoluble dietary fiber = bowel movement promotion, intestinal action
  • Water soluble dietary fiber = Improvement of intestinal bacteria, suppression of blood pressure rise
  • The balance between insoluble and water soluble is 2: 1 the best
  • It does not become a constituent or energy constituting the body
  • Work to drain extra nutrition
  • Not digested and absorbed

Function of nutrients

  • It has the effect of promoting skin metabolism
  • To normalize the mucosa of the skin, throat, nose, gastrointestinal tract
  • Prevent diabetes, hypertension, night blindness
  • Stimulates intestinal mucosa and promotes laxation (constipation prevention)
  • It will drain extra lipid, sugar, sodium etc

When nutrients are deficient

  • constipation
  • Obesity, diabetes
  • Arteriosclerosis, hyperlipidemia, etc..

When nutrients overdose

  • There is no need to worry about taking too much with a normal meal
  • Very infrequently diarrhea
  • Prevent absorption of other nutrients (minerals)

Food that contains a lot of Dietary fiber

FoodstuffIngredient per 100g (g)
scallion20.7
Red pepper10.3
Green peas (frozen)9.3
Potato (with skin)9.8
Raw Shiitake6.4
jews-ear6.4
Shimeji6.2
Eringhi5.4
hijiki3.7
kuki-wakame5.1
tosaka-nori4.1
wakame3.6
 

Carbohydrate(炭水化物)

Japanese page

Characteristics of nutrients

  • It is a generic term for carbohydrates and dietary fiber
  • Carbohydrates are digested and absorbed = carbohydrates
  • Those not digested and absorbed = dietary fiber
  • It will be 4 kcal of energy per gram of carbohydrate
  • Since it burns fast, as soon as it is absorbed by the body it becomes energy
  • When vitamin B1 is insufficient, it is hard to be absorbed

Function of nutrients

  • Become an energy source to move the brain and body
  • Only bone, red blood cells, nervous system, muscle, etc. will be energy source
  • Activate the brain

When nutrients are deficient

  • Become tired easily
  • Thinking ability declines
  • Muscles weaken
  • lose weight

When nutrients overdose

  • Extra carbohydrates are stored as body fat
  • It causes obesity, diabetes
  • Become hyperglycemic

Food that contains a lot of Carbohydrate

FoodstuffIngredient per 100g (g)
Granulated sugar100
crystal sugar100
Upper white sugar99.3
refined Japanese sugar99.0
soft brown sugar99.0
Brown sugar90.3
kudzu starch noodles87.7
Harusame87.5
starch syrup85.0
Dried grapes80.3
Rice Flour78.5
Sticky rice77.2

Summary

  • Generic name for dietary fiber and carbohydrate
  • Because it burns quickly, it becomes energy as soon as it is absorbed by the body
  • Become immediately energy with vitamin B1 and intake
  • Activate the brain
 

Lipid (脂質)

Japanese page

Characteristics of nutrients

  • The highest calorie among the three major nutrients
  • It is becoming the energy source for moving the body
  • It has become a material of the body’s cell membrane and hormones
  • It helps absorption of fat soluble vitamins

 

Function of nutrients

  • Cell membranes, nerve tissues, components of nucleic acids
  • Helps to absorb fat-soluble vitamins

When nutrients are deficient

  • Get tired easily,too skinny,physical strength declines
  • Vessels and cell membranes weaken
  • Possibility of cerebral hemorrhage
  • The absorption of fat-soluble vitamins (A, D, E, K) deteriorates

When nutrients overdose

  • obesity
  • Diabetes, arteriosclerosis, colorectal cancer, prostate cancer
  • Causes of lifestyle-related diseases such as dyslipidemia (hyperlipemia)

Food that contains a lot of Lipid

FoodstuffIngredient per 100g (g)
Rape oil100
Lard100
Olive oil100
chili oil99.8
beef tallow99.8
Margarine (for home) soft type83.1
Salted butter81.0
Pork loin (fat)78.3
Beef rib loin (fat)78.0
Macadamia nuts (roasted)76.7
Mayonnaise (whole egg)76.0
bottom round (fat)75.4

Summary

  • There is no shortage if you eat a normal meal
  • There is a possibility of deficiency due to dietary restriction
  • It is used for energy, cell membranes, hormones, etc in the body
  • It is stored as body fat
  • Body fat = used as energy when energy shortage
  • It is difficult to absorb fat-soluble vitamins
  • A type of fatty acid (linoleic acid or α-linolenic acid) can not be made in the body
  • Be careful of taking too much of “invisible oil” contained in sweets, meat, fish etc