獅子唐辛子 ししとうがらし(Sweet Green Pepper)

獅子唐辛子 ししとうがらし(Sweet Green Pepper)

 

獅子唐辛子 の 英語表記

Sweet green pepper
Sweet peppers
Shishito green pepper 
Shishito pepper

 

獅子唐辛子 の旬 ~おいしい時期~

ししとうがらし

*各数字で歳時記 を表示

高知産ししとう約1kしし唐がらしシシトウ
 

獅子唐辛子 とは ~解説~

  • 「シシトウ」 と呼ばれることも多い
  • 実の先端に獅子の頭に似たものができることから獅子唐辛子と呼ばれるようになった
  • 高温性の野菜のため暑さには強いが寒さに弱い
  • とうがらしには 「辛味種」 と 「甘味種」 があり、ししとうがらしは後者
  • たまにトウガラシのような辛い実 (辛味果) を付けるものがある
  • 辛味果は容易には区別できない
  • 加熱時に破裂するので穴をあけておく (破裂防止)
  • 育ちすぎの物は皮が硬くなり、歯ごたえが悪くなる
  • 綺麗な緑色で張りと艶があるものが良い
  • ヘタがピンとしている方が新鮮
  • ストレスを受けると成長が鈍化したり、それが形に表れるため、形がいびつなものは辛みが強いと言われている

味わい
基本的に辛くないが栽培の環境や自然交配で辛くなる
夏場には辛い物が多くなる傾向がある

栄養素
ビタミンC 、カロテン 、 カリウムなどが多く含まれる
強めの火加減で素早く加熱で栄養の損失を防ぐ
油と一緒に摂取すると カロテン吸収率が上昇

 

保存方法

  • 高温性の野菜のため暑さには強いが寒さに弱い
  • そのまま冷蔵庫に入れると 「低温障害」 になる可能性がある
  • 新聞紙 (ペーパー) に包み、野菜室で保存する
  • 一週間を目安に使い切る
  • 洗ってヘタを取り、水気をよく切って冷凍保存可能
    (穴をあけておくと使う時に破裂しなくて済む)
 

主な 品種群

  • 万願寺唐辛子
  • 伏見甘長
  • ひもとうがらし
  • 杉谷とうがらし
  • 高峰とうがらし
  • 松の舞
  • 甘とう美人
 

獅子唐辛子 を使った料理

  • 獅子唐辛子 の 炒め物
  • 獅子唐辛子 の 天ぷら
  • 獅子唐辛子 の 焼き浸し
  • 獅子唐辛子 の 炒り煮
  • 獅子唐辛子 の 甘辛炒め
  • 獅子唐辛子 の みそ炒め
  • 獅子唐辛子 の 和え物
 

獅子唐辛子 の栄養素 (食品成分表)

ししとう (果実)

可食部100g当たり

栄養素油いため
廃棄率10 %0 %
エネルギー25 ㎉51 ㎉
水分91.4 g88.3 g
タンパク質1.9 g1.9 g
脂質0. 3g3.2 g
炭水化物5.7 g5.8 g
ナトリウム1 ㎎
カリウム340 ㎎380 ㎎
カルシウム11 ㎎15 ㎎
マグネシウム21 ㎎21 ㎎
リン34 ㎎39 ㎎
0.5 ㎎0.6 ㎎
亜鉛0.3 ㎎0.3 ㎎
0.1 ㎎0.1 ㎎
マンガン0.18 ㎎0.18 ㎎
ヨウ素
セレン4 ㎍4 ㎍
クロム1 ㎍1 ㎍
モリブデン4 ㎍4 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)530 ㎍540
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)1.3 ㎎1.3 ㎎
ビタミンK51 ㎍52 ㎍
ビタミンB10.07 ㎎0.07 ㎎
ビタミンB20.07 ㎎0.07 ㎎
ナイアシン1.4 ㎎1.5 ㎎
ビタミンB60.39 ㎎0.4 ㎎
ビタミンB12
葉酸33 ㎍34 ㎍
パントテン酸0.35 ㎎0.36 ㎎
ビオチン4.2 ㎍3.7 ㎍
ビタミンC57 ㎎49 ㎎
食物繊維(総量)3.6 g3.6 g

日本食品標準成分表2020年版 (八訂)」 から引用

 
 

関連記事

黄青椒 パプリカ (Paprika)
青椒 ピーマン (Sweet pepper )
秋葵 オクラ (Okra)
9月 | 食の歳時記 | 長月 | SEPTEMBER
8月|食の歳時記|葉月|August

冬瓜 とうがん(wax gourd)

冬瓜 とうがん(wax gourd)
 

冬瓜 の 英語表記

wax gourd
Chinese preserving melon
white gourd
winter melon

 

冬瓜 の旬 ~おいしい時期~

とうがん

*各数字で歳時記を表示

 

冬瓜とは ~特徴~

  • 別名「トウガ」 「カモウリ 「カモリ」 「シブイ」
  • 漢字では「氈瓜」 「加茂瓜」 「賀茂瓜」 とも表記される
  • 丸のまま保存すれば冬まで日持ちすることから 「冬瓜」 と呼ばれる
  • 皮を剥き、薄くスライスして水にさらして生でも食べれる
  • 日本では皮の緑部分を綺麗に出して「翡翠煮」にする
  • 広東料理では中をくり抜き具材とスープを入れ、蒸し上げる「冬瓜盅(トンクワチョン)」という宴会料理がある
  • 台湾では砂糖を加えた水で煮込んだものをお茶の一種として飲む「冬瓜茶」
  • 料理以外でも砂糖漬けや、シロップ煮、砂糖をからめてお菓子にする

栄養素
果実の約96%は水分で、ビタミンB1・B2・Cをわずかに含んでいる
ビタミンCやカリウムの含有量は比較的多い
エネルギー量は少なく、低カロリーな食材である
中国では、体温を下げて利尿効果がある野菜と言われる

選び方
緑が濃く、白い模様がはっきりしたものが良い
皮全体に粉が吹いているものは完熟
表皮に傷がなく、ずっしりと重みのあるものが良い

味わい
味は控えめでクセがない
煮ると透き通るような色合いになり、淡泊な味わいをもつ
旨味の出る出汁や動物性素材と合わせた料理に向いている

参考→Wikipedia「トウガン

 

良い食べ合わせ

  • 老化防止 = 油揚げ、玄米
  • 利尿効果 = 昆布、豆腐
  • むくみ防止=小豆・銀杏・胡瓜・チコリー
  • 夏バテ防止=鶏肉・トマト・隠元
【送料無料・即発送可】沖縄県産 冬瓜(とうがん)10kg(2〜6玉)
 

保存方法

  • 丸のままなら冷暗所にて保存
  • カットしたものはラップして冷蔵庫
  • 皮を剥き、カットして冷凍保存可能
  • サッと湯がいて冷凍すると、使いやすい
 

主な 品種群

  • 子 冬瓜
  • 大丸 冬瓜
  • 小丸 冬瓜
  • 長 冬瓜
  • ミニ 冬瓜
  • 沖縄 冬瓜
 

冬瓜 を使った料理

  • 冬瓜 の そぼろ餡
  • 冬瓜 の うま煮
  • 冬瓜 と ひき肉のスープ
  • 冬瓜 の あんかけ
  • 冬瓜 の サラダ
  • 冬瓜 の 酢の物
  • 冬瓜 の 漬物
 

冬瓜 の 栄養素 (食品成分表)

可食部 100g当たり

とうがん (生)

栄養素ゆで
廃棄率30 %0 %
エネルギー15 ㎉15 ㎉
水分95.2 g95.3 g
タンパク質0.5 g0.6 g
脂質0.1 g0.1 g
炭水化物3.8 g3.7 g
ナトリウム1 ㎎1 ㎎
カリウム200 ㎎200 ㎎
カルシウム19 ㎎22 ㎎
マグネシウム7 ㎎7 ㎎
リン18 ㎎19 ㎎
0.2 ㎎0.3 ㎎
亜鉛0.1 ㎎0.1 ㎎
0.02 ㎎0.01 ㎎
マンガン0.02 ㎎0.02 ㎎
ヨウ素7 ㎍
セレン
クロム
モリブデン4 ㎍
ビタミン A(レチノール)
ビタミン A(β-カロテン)
ビタミン D
ビタミン E(トコフェロールα)0.1 ㎎0.1 ㎎
ビタミン K1 ㎍
ビタミン B10.01 ㎎0.01 ㎎
ビタミン B20.01 ㎎0.01 ㎎
ナイアシン0.4 ㎎0.4 ㎎
ビタミン B60.03 ㎎0.03 ㎎
ビタミン B12
葉酸26 ㎍25 ㎍
パントテン酸0.21 ㎎0.20 ㎎
ビオチン0.2 ㎍
ビタミン C39 ㎎27 ㎎
食物繊維 (総量)1.3 g1.5 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」 から引用

 
 

関連記事

苦瓜 ゴーヤ(bitter melon)
干瓢 かんぴょう(Dried gourd shavings)
白瓜 しろうり(Oriental pickling melon)
胡瓜 きゅうり (Cucumbera)
8月|食の歳時記|葉月|August

干瓢 かんぴょう(Dried gourd shavings)

干瓢 かんぴょう(Dried gourd shavings)
 

かんぴょうの英語表記

Dried gourd shavings
Gourd
kanpyo

 

かんぴょうの旬 ~おいしい時期~

かんぴょう

*各数字で歳時記を表示

 

かんぴょうとは ~解説~

  • 漢字で「乾瓢」とも表記される
  • 「夕顔(ゆうがお)」と呼ばれる植物の実を薄く帯状に剥いて干したもの
    *夕顔は朝顔と名前は似ているが全く別のウリ科の植物
  • 栃木産のかんぴょうが国内生産の約90%をまかなっています
  • 生産時期は7~9月ですが乾物なので年中流通する
  • 水で戻して煮物や和え物、巻きずしの具に使われる
  • 低カロリーで食物繊維が豊富
  • 日本のかんぴょう生産の約8割が栃木県である
  • 日本で消費される干瓢のうち、8割は輸入品(中国産など)国産は2割である
乾物屋の底力 栃木県産 かんぴょう 500g【国産、国内産、干瓢、ユウガオの実、…
 

戻し方

  1. かんぴょうを水でサッと洗う(表面のゴミや汚れを洗い流す)
  2. ボールに移し、塩を少々いれて揉む(弾力が出る)
  3. 塩を洗い流す
  4. 鍋に湯を沸かし、かんぴょうを入れる
  5. 沸騰してから弱火で10分ほど煮る(硬さを見ながら好みの固さになるまで)
  6. 流水に取りよく揉み洗いする
  7. 水気をよく絞る
 

保存方法

  • 湿気に弱いので注意する
  • 開封後は早く使い切る
  • 一度、湯がいたものは硬く絞って冷凍保存するとよい
 

かんぴょうを使った料理

  • 巻きずし、ちらし寿司
  • かんぴょうの甘辛煮
  • かんぴょうのナムル
  • かんぴょうの酢漬け
  • かんぴょうの卵とじ
  • かんぴょうのきんぴら
  • かんぴょうの炒め物
  • かんぴょうの煮物
 

かんぴょうの栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

かんぴょう 

栄養素茹で甘煮
廃棄率0 %0 %
エネルギー21 ㎉146 ㎉
水分91.6 g57.6 g
タンパク質0.7 g2.3 g
脂質0.2 g
炭水化物7.2 g
ナトリウム1 ㎎1200 ㎎
カリウム100 ㎎90 ㎎
カルシウム34 ㎎44 ㎎
マグネシウム10 ㎎21 ㎎
リン16 ㎎34 ㎎
0.3 ㎎0.05 ㎎
亜鉛0.2 ㎎0.3 ㎎
0.08 ㎎0.05 ㎎
マンガン0.14 ㎎0.31 ㎎
ヨウ素8 ㎍
セレン2 ㎍
クロム2 ㎍
モリブデン8 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.1 ㎎
ビタミンK
ビタミンB10.01 ㎎
ビタミンB2
ナイアシン0.3 ㎎0.3 ㎎
ビタミンB60.03 ㎎
ビタミンB12
葉酸7 ㎍10 ㎍
パントテン酸0.07 ㎎
ビオチン1.9 ㎍
ビタミンC
食物繊維(総量)5.3 g5.5 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」 から引用

 

関連記事

9月 | 食の歳時記 | 長月 | SEPTEMBER
冬瓜 とうがん(wax gourd)
南瓜 かぼちゃ(Squash)
寿司酢

 

唐辛子 とうがらし(Chili pepper)

唐辛子 とうがらし(Red pepper)
 

唐辛子の英語表記

Chili (Chilli)
Chili pepper
Hot Pepper
Hot Chili
Red pepper
Green chili pepper

 

唐辛子の旬 ~おいしい時期~

青とうがらし

赤とうがらし

*各数字で歳時記を表示

「期間限定セール中」◆冷蔵◆生青唐辛子「辛口」200g 時価■韓国食品■韓国料理…
 

唐辛子とは ~解説~

  • 果実は緑のままでも食べることが出来る
  • 一般的に、緑色のものは青唐辛子、熟した赤いものは赤唐辛子と呼ばれる
  • 青唐辛子が赤く完熟してから収穫したものを、『赤唐辛子』と呼ぶ
  • 粘膜を傷つけるため、適量を超えて過剰に摂取すれば胃腸等に問題を起こすこともある
  • 皮膚の弱い部分に付着すると痛みを引き起こすことが多い
  • 小さな唐辛子をつけて収穫したものは「葉唐辛子」と呼ばれ6月頃に収穫される
  • 青唐辛子が熟成されると赤唐辛子に変わる
  • 一部の地域では唐辛子の事を「こしょう」と呼ぶ
  • 「鷹の爪」とは唐辛子の品種のことである
  • 皮に張りがあるものを選ぶ(硬く乾いたものは古い)
  • 健胃薬、凍瘡・凍傷の治療、育毛など薬としても利用される

味わい
生唐辛子は乾燥唐辛子にくらべて風味豊かであり、香り高い
未成熟で種の少ないのは辛味が強い

栄養
独特の辛みの元はカプサイシン
カプサイシンには食欲増進の効果がある
生の物にはビタミンCが豊富

 

良い食べ合わせ

 

保存方法

  • 生の状態の唐辛子は傷みやすく、日持ちしません
  • 生の物を保存するときは乾燥しないように袋に入れ野菜室で保存する
  • 生の物を冷凍するときは空気に触れないようにして冷凍する
  • 生の物はカットして冷凍すると使いやすい
  • 乾燥した物は水分や湿気がつかないように冷暗所で保存する
 

主な品種群

  • 鷹の爪
  • ハラペーニョ
  • ハバネロ
  • 島唐辛子
  • 伏見辛
  • ベトナムオレンジ
 

レシピ

  • キムチ
  • ヤンニョン
  • 炒め物
  • 薬味
 

唐辛子の栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

とうがらし 果実

乾燥
廃棄率9 %0 %
エネルギー72 ㎉270 ㎉
水分75.0 g8.8 g
タンパク質3.9 g14.7 g
脂質3.4 g12.0 g
炭水化物16.3 g58.4 g
ナトリウム6 ㎎17 ㎎
カリウム760 ㎎2800 ㎎
カルシウム20 ㎎74 ㎎
マグネシウム42 ㎎190 ㎎
リン71 ㎎260 ㎎
2.0 ㎎6.8 ㎎
亜鉛0.5 ㎎1.5 ㎎
0.23 ㎎0.85 ㎎
マンガン0.27 ㎎1.08 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)6600 ㎍14000 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)8.9 ㎎30.0 ㎎
ビタミンK27 ㎍58 ㎍
ビタミンB10.14 ㎎0.50 ㎎
ビタミンB20.36 ㎎1.40 ㎎
ナイアシン3.7 ㎎14.0 ㎎
ビタミンB61.0 ㎎3.81 ㎎
ビタミンB12
葉酸41 ㎍30 ㎍
パントテン酸0.95 ㎎3.61 ㎎
ビオチン
ビタミンC120 ㎎1 ㎎
食物繊維(総量)10.3 g46.4 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

青椒 ピーマン(Sweet pepper )
黄青椒 パプリカ(Paprika)
獅子唐辛子 ししとうがらし(Sweet Green Pepper)
秋葵 オクラ(Okra)
9月 | 食の歳時記 | 長月 | SEPTEMBER

紫蘇 しそ(Japanese basil)

紫蘇 しそ(Japanese basil)
 

紫蘇の英語表記

Japanese basil
perilla 
Shiso 

 

紫蘇の旬 ~おいしい時期~

赤紫蘇

青紫蘇

*各数字で歳時記を表示

 

紫蘇とは ~解説~

  • 原産はヒマラヤ、ミャンマー、中国南部
  • 日本には中国から伝わり、本格的な栽培が始められたのは平安時代だ言われる
  • 紫蘇は本来「赤紫蘇」のことを指し、青紫蘇はその変種である
  • 芳香のないエゴマは近縁種で、互いに交雑しやすい
  • シソには多数の品種や栽培品種がある
  • 葉に細かい縮みがあるタイプと、葉に縮みがないタイプがある
  • 100gで約100枚(一枚1g)
  • 和風ハーブの代表格で香り成分は「ペリルアルデヒド」に由来する
  • 香り成分は「ペリルアルデヒド」は臭覚神経を刺激して食欲を増進させる
    (強い殺菌作用により食中毒の予防にも効果がある)
  • 若芽(芽紫蘇)、花穂(穂紫蘇)、実も食用にされる
  • 葉先までピンとしていて、切り口が変色していないものが良い

栄養素
β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、食物繊維や、カルシウム、鉄、カリウムなどが多く含まれる
β-カロテン、カルシウム、ビタミンB1の含有量は、野菜類の中でも群を抜いて優れている
抗酸化作用、防腐効果で刺身に添えられる
香り成分「ペリルアルデヒド」は、臭覚神経を刺激し食欲を増進させる

赤紫蘇

  • 葉の色の赤い物
  • 主に梅干しの色付け用として出回る
  • 酢につけると鮮やかな赤色になる
  • 赤紫蘇の若い芽の事を「紫芽(むらめ)」と呼ぶ
    *青芽と紫芽の総称を「芽紫蘇(めじそ)」という

青紫蘇

  • 葉の色が緑色の物
  • 「大葉」や「しそ」は青紫蘇を指す
  • 花穂の部分を花穂紫蘇(はなほじそ)、穂紫蘇(ほじそ)とよぶ
  • 花穂紫蘇=花をつけたもの
  • 穂紫蘇=花をつけ終わって実が熟す前の物
  • 青紫蘇の若い芽の事を「青芽(あおめ)」と呼ぶ
    *青芽と紫芽の総称を「芽紫蘇(めじそ)」という

 

良い食べ合わせ

 

保存方法

  • 湿らせたペーパーにくるみビニール袋に入れ野菜室で保存する
  • 水分が多すぎても、少なすぎても長持ちしない
  • しなびた時は氷水に10分程度つけると元に戻る
  • 良く洗い、水気を切り、刻んで冷凍(乾燥に注意)
  • 冷凍すると色が変わることに注意する
 

主な品種群

  • 赤紫蘇
  • えごま
  • 穂じそ
 

紫蘇を使った料理

  • 青じその天ぷら
  • 刺身のつけあわせ
  • 梅干しや漬物の色付けに(赤じそ)
  • 紫蘇の胡麻醤油漬け
  • ドレッシング
  • 青紫蘇のジェノベーゼ
  • 紫蘇味噌
 

紫蘇 の栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

しそ (生)

栄養素しそ
しそ
廃棄率0 %0 %
エネルギー32 ㎉32 ㎉
水分86.7 g85.7 g
タンパク質3.9 g3.4 g
脂質0.1 g0.1 g
炭水化物7.5 g8.9 g
ナトリウム1 ㎎1 ㎎
カリウム500 ㎎300 ㎎
カルシウム230 ㎎100 ㎎
マグネシウム70 ㎎71 ㎎
リン70 ㎎85 ㎎
1.7 ㎎1.2 ㎎
亜鉛1.3 ㎎1.0 ㎎
0.2 ㎎0.52 ㎎
マンガン20.1 ㎎1.35 ㎎
ヨウ素6 ㎍
セレン1 ㎍
クロム2 ㎍
モリブデン30 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)11000 ㎍2600 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)3.9 ㎎3.8 ㎎
ビタミンK690 ㎍190 ㎍
ビタミンB10.13 ㎎0.09 ㎎
ビタミンB20.34 ㎎0.16 ㎎
ナイアシン1.0 ㎎1.8 ㎎
ビタミンB60.19 ㎎0.12 ㎎
ビタミンB12
葉酸110 ㎍72 ㎍
パントテン酸1.0 ㎎0.80 ㎎
ビオチン5.1 ㎍
ビタミンC26 ㎎5 ㎎
食物繊維(総量)7.3 g8.9 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

8月|食の歳時記|葉月|August
生姜 しょうが (Ginger)
唐辛子 とうがらし(Red pepper)
鬼灯 ほおずき(winter cherry)
食用花 しょくようばな(edible flower)

零余子 むかご(Yam bulblets)

零余子 むかご(Yam bulblets)
 

むかご の英語表記

Yam bulblets
bulbil
propagule

 

むかご の旬 ~おいしい時期~

むかご

*各数字で歳時記を表示

【七戸産】 長芋 4kg(家庭用カット/真空パック)【02402-0005】【ふ…
 

むかご とは ~特徴~

  • ヤマイモ、長芋の蔓にできる直径1cm程の実をむかごという
  • 茎の一部が丸く太ってできたもので、実や種ではない
  • 実や種ではないが、むかごを土に埋めると山芋や長芋が育つ
  • 収穫時期は9月頃から11月頃まで
  • ヤマイモや長芋の産地でよく見られる
  • 北海道産や青森県産が生産全体の約80%を占める
  • 皮をつけたまま調理できるのでさまざまな料理に利用できる
  • やまいもの風味や食味も凝縮されていて、栄養価も高い
  • クセがなく使いやすい
  • 流通量が少なく入手しにくい
 

保存方法

  • 湿らせたキッチンペーパーに包みビニール袋に入れて冷蔵庫で保存
  • 常温だと乾燥して表面にシワが出来てくる
  • 湿らせて常温だとカビが生えるので気を付ける
  • おがくず等に埋めて常温保存するのが一番良い
  • 良く洗い、水を切り、真空パックに入れて冷凍保存できる
むかご 1kg 冷凍 業務用◇山福 【お取り寄せ品】
 

むかご を使った料理

  • むかごご飯
  • むかごの塩ゆで
  • むかごのかき揚げ
  • むかごのバター炒め
  • むかごの素揚げ
  • むかごの煮つけ
 

むかご の栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

むかご (生)

廃棄率25 %
エネルギー87 ㎉
水分75.1 g
タンパク質2.9 g
脂質0.2 g
炭水化物20.6 g
ナトリウム3 ㎎
カリウム570 ㎎
カルシウム5 ㎎
マグネシウム19 ㎎
リン64㎎
0.6 ㎎
亜鉛0.4 ㎎
0.15 ㎎
マンガン0.05 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)24 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.4 ㎎
ビタミンK
ビタミンB10.11 ㎎
ビタミンB20.02 ㎎
ナイアシン0.3 ㎎
ビタミンB60.07 ㎎
ビタミンB12
葉酸20 ㎍
パントテン酸0.6 ㎎
ビオチン
ビタミンC9 ㎎
食物繊維(総量)4.2 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

芋茎 ずいき(Stem of a taro)
里芋 さといも(Taro)の特徴と栄養素
自然薯 じねんじょ(Japanese yam)
大和芋 やまといも(Yamato yam)
長芋 ながいも(Chinese yam)

玉蜀黍 とうもろこし(sweetcorn)

玉蜀黍 とうもろこし(sweetcorn)
 

とうもろこしの英語表記

sweet corn
corn
maize

 
 

とうもろこしの旬

とうもろこし

*各数字で歳時記を表示

 

とうもろこしとは ~解説~

  • 別名「唐黍(とうきび)」「なんば」など200種類以上の呼び名がある
  • 穀物として人間の食料以外にも家畜の飼料になる
  • デンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料にもなる
  • 大きく分けて黄粒種新、白粒種新、バイカラー種に分かれる
  • おかずよりも、おやつとしての方が圧倒的に多いので、甘さが価値基準になっている
  • 野菜の中では高カロリー(糖質、タンパク質が豊富)
  • ビタミンE、B1、B2、カリウム、亜鉛、鉄など豊富に含まれる
  • 品質改良によって栄養価も充実した健康食材になった
  • 水から茹で沸騰後3分程度でザルにあげて余熱で火を通す
    (歯ごたえが残りみずみずしくなる)
  • 身が先まで詰まっていてふっくらして、つやが良い物を選ぶ
 

良い食べ合わせ

送料無料 世界一美しいトウモロコシ話題グラスジェムコーン 無選別 種子 Glas…
 

保存方法

  • 皮つきのままラップなどに包み、野菜室に立てて保存する
  • 硬めにゆでて、冷凍可能
  • とうもろこしの実だけにして冷凍すると使いやすい
 

主な品種群

  • バイカラーコーン
  • ベビーコーン(ヤングコーン)
  • ウッディーコーン
  • シルバー系
 

とうもろこしを使った料理

  • コーンスープ
  • 玉蜀黍の天ぷら
  • 玉蜀黍のかき揚げ
  • 玉蜀黍のサラダ
  • とうもろこしの醤油焼き
  • バターコーン
 

とうもろこしの栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

スイートコーン 未熟種子

栄養素茹で
廃棄率30 %50 %
エネルギー95 ㎉89 ㎉
水分75.4 g77.1 g
タンパク質3.5 g3.6 g
脂質1.7 g1.7 g
炭水化物18.6 g16.8 g
ナトリウム
カリウム290 ㎎290 ㎎
カルシウム5 ㎎3 ㎎
マグネシウム38 ㎎37 ㎎
リン100 ㎎100 ㎎
0.8 ㎎0.8 ㎎
亜鉛1.0 ㎎1.0 ㎎
0.1 ㎎0.1 ㎎
マンガン0.31 ㎎0.32 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム1 ㎍
モリブデン6 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)20 ㎍22 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.3 ㎎0.3 ㎎
ビタミンK1 ㎍
ビタミンB10.12 ㎎0.15 ㎎
ビタミンB20.1 ㎎0.10 ㎎
ナイアシン2.2 ㎎2.3 ㎎
ビタミンB60.12 ㎎0.14 ㎎
ビタミンB12
葉酸86 ㎍95 ㎍
パントテン酸0.51 ㎎0.58 ㎎
ビオチン5.4 ㎍
ビタミンC6 ㎎8 ㎎
食物繊維(総量)3.1 g3.0 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

9月 | 食の歳時記 | 長月 | SEPTEMBER
秋葵 オクラ(Okra)
縞綱麻 モロヘイヤ (Jew’s mallow)
牛酪 バター(Butter)
濃口醤油 こいくちしょうゆ (Soy sauce)

不断草 ふだんそう(Swiss chard)

不断草 ふだんそう(Swiss chard)
 

不断草 の 英語表記

Swiss chard
Chard
Silverbeet

 

不断草 の旬 ~おいしい 時期~

ふだんそう

*各数字で歳時記を表示

【スイスチャード アイデアル 】 実咲小袋
 

不断草 とは ~解説~

  • 別名 「スイスチャード」 「ンスナバー」 「トウヂサ」 「フダンナ」 「イツモナ」
  • 原産は地中海沿岸や ペルシア を原産とする ハマフダンソウ の改良種
  • カロテン、ミネラル が豊富な緑黄色野菜
  • 夏場に品薄になるホウレンソウの代用品として使われていた
  • ホウレンソウの品種改良が進み、需要は低下している
  • 緑の葉が濃く、艶のあるものを選ぶ
  • 茹でるとかなり色が飛んでしまうのでサッと茹でるのが良い
  • 茹でえるときは茎と葉と分けて、サッとゆでて冷水にとるとよい
  • 油で炒めると発色が良くなる

栄養素
ビタミンAやB2などビタミン類が豊富
カリウム、カルシウム、鉄分などのミネラル分も豊富

味わい
青臭さなどのクセがな
大きい葉や葉枝はアクが強いので火を通して食べる
小さい葉は柔らかいくアクが少ないので生食できる

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 フダンソウ

 

保存方法

  • あまり日持ちはしない
  • 乾燥しないようにビニール袋に入れて野菜室で保存する
  • 硬めに茹でて、水気をよく切り冷凍保存可能
 

主な 品種群

  • 甜菜
  • テーブルビート
  • リーフビート
 

地方名

沖縄県 = 「ンスナバー」
岡山県 = 「アマナ」
長野県 = 「トキシラズ」 「キシャナ」
兵庫県 = 「シロナ」
京都府 = 「トウヂシャ」
大阪府 = 「ウマイナ」
島根県 = 「オホバコヂサ」

 

不断草を使った料理

  • 不断草 の お浸し
  • 不断草 の 和え物
  • 不断草 の バター炒め
  • 不断草 の 炒め物
  • 不断草 の 白和え
  • 不断草 の 炒め煮
  • 不断草 の 温野菜サラダ
  • 不断草 の サラダ
 

不断草の栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

ふだんそう 葉

栄養素茹で
廃棄率0 %0 %
エネルギー17 ㎉26 ㎉
水分92.2 g90.4 g
タンパク質2.0 g2.8 g
脂質0.1 g0.1 g
炭水化物3.7 g5.4 g
ナトリウム71 ㎎61 ㎎
カリウム1200 ㎎760 ㎎
カルシウム75 ㎎130 ㎎
マグネシウム74 ㎎79 ㎎
リン33 ㎎34 ㎎
3.6 ㎎2.1 ㎎
亜鉛0.3 ㎎0.4 ㎎
0.06 ㎎0.06 ㎎
マンガン3.6 ㎎4.85 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)3700 ㎍3800 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)1.7 ㎎1.7 ㎎
ビタミンK180 ㎍220 ㎍
ビタミンB10.07 ㎎0.03 ㎎
ビタミンB20.23 ㎎0.11 ㎎
ナイアシン0.4 ㎎0.1 ㎎
ビタミンB60.25 ㎎0.14 ㎎
ビタミンB12
葉酸120 ㎍92 ㎍
パントテン酸0.53 ㎎0.44 ㎎
ビオチン
ビタミンC19 ㎎7 ㎎
食物繊維(総量)3.3 g3.8 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」 から引用

 
 

関連記事

8月|食の歳時記|葉月|August
9月 | 食の歳時記 | 長月 | SEPTEMBER
縞綱麻 モロヘイヤ (Jew’s mallow)
蔓菜 つるな (New zealand spinach)
玉蜀黍 とうもろこし(sweetcorn)

食用菊 しょくようぎく(Edible chrysanthemum)

食用菊 しょくようぎく(Edible chrysanthemum)
 

食用菊の旬 ~おいしい時期~

しょくようぎく

*各数字で歳時記を表示

 

食用菊とは ~解説~

  • 食用菊は観賞用のきくと同じ菊の仲間
  • 菊の一種で、特に食用として栽培されている菊を指す
  • 標準和名は「ショクヨウギク」で食菊、料理菊とも呼ばれる
  • 観賞用に比べ、食用は苦みが少ない
  • 花びらが大きくなるように品種改良された物がある
  • 栽培が盛んで一年中出回るが旬であるが、秋物は香りのよさが違う
  • 紫菊花には抗糖化作用があるとされる
    ※抗糖化作用=体内の糖化を防ぐ作用
  • 刺身に添えられたものは菊の解毒効果を利用した、殺菌のためである
  • 醤油に花弁を散らして彩り・香りを楽しむ食べ方もある
  • 冷凍物や乾燥物も売られている

栄養素
ビタミンやミネラルが比較的に多く含まれている
β-カロテンやビタミンC、葉酸 ビタミンB群 が多く含まれている
ビタミンB群などの抗酸化作能力の高い栄養素が多い

選び方
色が鮮やかで形がきれいなものが良い
枯れたり、しおれたりしているものは避ける

 

良い食べ合わせ

  • 貧血予防=牡蠣、鯖
  • むくみ解消=わかめ、生姜
 

保存方法

  • 乾燥しないようにビニール袋に入れて冷蔵庫
  • サッと茹でて冷凍可能(茹でるときに酢を垂らすとよい)
    茹でて、キッチンペーパーでよく水気を切り広げて冷凍
    使用するときは和え物などに使う
さんま菊花漬1kg さんま 秋もの食材 季節の食材 【秋商材】【冷凍食品】【業務…
 

主な品種群

  • カキノモト
  • もってのほか
  • 延命楽(エンメイラク)
  • 阿房宮(アボウキュウ)
 

レシピ

  • 菊花のお浸し
  • 菊花の和え物
  • 菊花の吸い物
  • 菊花のちらし寿司
 

食用菊の栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

きく 花びら

栄養素茹で
廃棄率15 %0 %
エネルギー25 ㎉21 ㎉
水分91.5 g92.9 g
タンパク質1.4 g1.0 g
脂質
炭水化物6.5 g5.7 g
ナトリウム2 ㎎1 ㎎
カリウム280 ㎎140 ㎎
カルシウム22 ㎎16 ㎎
マグネシウム12 ㎎9 ㎎
リン28 ㎎20 ㎎
0.7 ㎎0.5 ㎎
亜鉛0.3 ㎎0.2 ㎎
0.04 ㎎0.04 ㎎
マンガン0.36 ㎎0.24 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)67 ㎍61 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)4.6 ㎎4.1 ㎎
ビタミンK11 ㎍10 ㎍
ビタミンB10.1 ㎎0.06 ㎎
ビタミンB20.11 ㎎0.07 ㎎
ナイアシン0.5 ㎎0.2 ㎎
ビタミンB60.08 ㎎0.04 ㎎
ビタミンB12
葉酸73 ㎍40 ㎍
パントテン酸0.2 ㎎0.15 ㎎
ビオチン
ビタミンC11 ㎎5 ㎎
食物繊維(総量)3.4 g2.9 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

食用花 しょくようばな(edible flower)
紫蘇 しそ(Japanese basil)
西洋山葵 ホースラディッシュ(Horseradish)
山椒 さんしょう(Japanese pepper)
春菊 しゅんぎく(Garland chrysanthemum)

苦瓜 ゴーヤ(bitter melon)

苦瓜 ゴーヤ(bitter melon)
 

ゴーヤ の 英語表記

bitter melon
Bitter gourd
goya

 

ゴーヤ の旬 ~おいしい時期~

ゴーヤ

*各数字で歳時記を表示

沖縄産 ゴーヤー 2kg 【送料無料】 /ゴーヤ にがうり 沖縄野菜 生
 

ゴーヤ とは ~解説~

  • 正式名称 「蔓茘枝(ツルレイシ)」
  • 沖縄県内では 「ゴーヤー」 と呼ばれる
  • 中国にでは 「凉瓜」 とも呼ばれる
  • 原産地は熱帯アジア
  • 独特な強い苦味があるので、好き嫌いが分かれる
  • 果実は細長い紡錘形で、果皮は多数の細かいイボに覆われる
  • 南九州産ゴーヤーは細長い形で、沖縄産はずんぐりして果皮が厚い
  • 白色で苦味が少ない白レイシがある
  • 油調理で栄養価が損なわれないので炒め物料理がよく合う
  • 苦みの強さは外見からは見分けにくいが、 「イボが大きくて、緑色が薄いもの」は苦味が少ない傾向にある
  • 緑色が深い物の方が味が良い
  • 苦みは水溶性なので塩もみして熱湯をかければ抜ける

栄養素
β-カロテン 、 ビタミンE 、 カリウム 、 食物繊維 などが豊富
加熱しても壊れにくい 「ビタミンC」 の含有量が多い
苦み成分は「モモルデシン」 「チャランチン」 「コロソリン酸」 「ククルビタシン」 が含まれる
モモルデシンは 食欲増進 、肝機能 を高める 、血糖値 を下げる効果がある

味わい
苦味成分は果皮表面の緑色の部分に集中している
苦味を抑えたい時は塩もみ、熱湯にくぐらす、油で高温調理、米のとぎ汁で茹でる、鰹節を使って調理するなどの方法がある


 

良い食べ合わせ

  • 老化防止=サーモン、うなぎ
  • 美肌効果=大豆
 

保存方法

  • とれたてを早く使い切るようにする
  • 乾燥を防ぐため、新聞紙やビニール袋に入れ野菜室で保存する
  • 硬めに塩ゆでして冷凍可能
  • カットしたものはワタを取り除き、水気をよく切って密封して冷蔵庫で保存する
 

主な品種群

  • 白ゴーヤ
  • なめらかゴーヤ
  • ミニ
  • 中長ゴーヤー
  • 太レイシ
  • 白レイシ
 

レシピ

  • ゴーヤチャンプルー
  • ゴーヤ の佃煮
  • ゴーヤ の生姜焼き
  • ゴーヤチップス
 

ゴーヤ の栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

にがうり

栄養素油炒め
廃棄率15 %0 %
エネルギー15 ㎉47 ㎉
水分94.4 g90.3 g
タンパク質1.0 g1.2 g
脂質0.1 g3.3 g
炭水化物3.9 g4.6 g
ナトリウム1 ㎎1 ㎎
カリウム260 ㎎260 ㎎
カルシウム14 ㎎14 ㎎
マグネシウム14 ㎎15 ㎎
リン31 ㎎33 ㎎
0.4 ㎎0.5 ㎎
亜鉛0.2 ㎎0.2 ㎎
0.05 ㎎0.05 ㎎
マンガン0.10 ㎎0.11 ㎎
ヨウ素1 ㎍1 ㎍
セレン
クロム1 ㎍1 ㎍
モリブデン7 ㎍8 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)160 ㎍180 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.8 ㎎0.9 ㎎
ビタミンK41 ㎍45 ㎍
ビタミンB10.05 ㎎0.05 ㎎
ビタミンB20.07 ㎎0.08 ㎎
ナイアシン0.3 ㎎0.3 ㎎
ビタミンB60.06 ㎎0.07 ㎎
ビタミンB12
葉酸72 ㎍79 ㎍
パントテン酸0.37 ㎎0.41 ㎎
ビオチン0.5 ㎍0.5 ㎍
ビタミンC76 ㎎75 ㎎
食物繊維(総量)2.6 g2.8 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」 から引用

 

関連記事

冬瓜 とうがん (wax gourd)
胡瓜 きゅうり (Cucumbera)
白瓜 しろうり (Oriental pickling melon)
干瓢 かんぴょう (Dried gourd shavings)
西瓜 すいか (watermelon)